長野県で生まれた酒米で、“幻の米”として注目を集めています。金紋錦が開発された当時の技術では、栽培や精米が難しかったため、扱いやすい他の品種に押され、姿を消していきました。しかし、木島平村では、この金紋錦を気に入ってくれた石川県の酒蔵の協力があり、栽培方法の研究を重ねながら栽培を続けてきました。

 

 その後、金紋錦で作った酒の複雑な香りと旨みが注目されるようになり、扱う酒蔵も増えてきました。金紋錦の酒は人気上昇中です。

金紋錦の酒金紋錦の酒

 

金紋錦の酒金紋錦の里の記念碑